トップ バイク買取情報局について 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ
日本全国の地域(一部離島を除く)からもバイクの無料出張買取査定
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
無料であなたのバイクの出張買取査定致します。

バイク買取情報局バイクの売買方法 > 知人等に直接交渉する場合

知人等に直接交渉する場合

知人等に直接交渉する場合の画像

バイクを売りたい時には、お友達など知人に直接的に買取をお願いするケースも少なくないことでしょう。

余程状態が悪くない限りは、無償より有償で引き取ってもらった方がお互いに気兼ねをせずに済みますし、相手にもそれなりの責任を持って乗ってもらえますよね。

ところで、この「知人等に直接交渉する場合」についてですが、このケースにおいて特に注意しておきたいのは「売買契約終了後のトラブルを避ける」という点です。

バイクに傷や不具合などがある場合には、どんなに些細なものであっても前もって相手の方へ報告しておく必要があります。

例えば、私たちもバイクや車、自転車などに乗っていて、今まで気づかなかったけれど久々にメンテナンスを行なってみたら小さな傷がついていた……なんていうことは、よくある話ですよね。

その傷が、売買取引をする以前についていた傷なのか、それともそれ以降についた傷なのかを後々になって見極めるのは、例えプロでも難しいものです。

いくら親しい者同士とはいえ、金銭が絡むからにはきちんと説明責任を果たし、双方が納得のいく取引を行なえるよう心がけましょう。

また、バイクの「所有者」についても、注意が必要です。

既にご存知のことと思いますが、バイクを購入する際、信販会社系のローンを契約すると、金額を全て払い終わるまでは所有者が運転者本人ではなく、信販会社の名義になります。

そして、ここからが重要なのですが、ローンを全て払い終わったとしても「所有権解除」の手続きを行なわない限りは、自分の名義になりません。

ですので「買取を行なってくれる人の名義に変更したい場合」にはもちろんのこと「自動車ローンを完済した場合」にも、必ず「所有権解除」の手続きを行なわなければならないということを覚えておきましょう。

なお「所有権解除」の手続きは、該当する信販会社へ直接連絡し「所有権解除をお願いします」という旨を伝えれば、詳細について教えてもらえます。

後は、担当者の指導に倣って必要書類を集め、郵送するだけです。


※表示の価格などはあくまでも当サイトで調査した時点のものですので、掲載日から時間がたっている場合は、変わっているものがあることをご了承下さい。詳細は各業者様にお問い合わせ下さい。

バイク買取情報局のおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ バイク買取店の賢い選び方

バイクを売りに出す際に、あなたはどのような基準で買取店を選ぶでしょうか?「自宅の近くにあるから」「有名なチェーン店だから」「知り合いに紹介してもらったお店だから」といった「何となく」の理由で買取店を決めてしまう方も多いのではないかと思いますが、これはNGです。 バイクの買取店は、あなたが今まで大切に乗ってきた愛車の価値を判断し、次の買取り手との仲介役を果たしてくれる存在でもあるのですから、やはり「話の分かる」「バイクに対して愛を持っている」お店を選びたいものですよね。 ここ

バイク買取情報局について

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。